2009年09月13日

いざ、東南アジアの旅へ(後編2)

ということで、後編2です。

西暦2009年
8月28日
ついに東南アジアのメッカ、バンコクに到着!
ちなみに、寝台列車も眠れませんでしたバッド(下向き矢印)
バックパッカーの聖地、カオサン近くの宿に行きましたが、朝早すぎたせいか空いておらず、昼まで空きを待つというちょっとしたハプニングはありましたが、無事シェムリアップ行きのチケットも取れてハッピー。
あまり時間がなかったので、ウィーケンドマーケットとサイアム見学にだけ行きました。前にもバンコクには来たことがあってその都会さに驚きましたが、何度来ても圧倒されます。下手すると都会度は東京ミッドタウン以上かも?!
画像 221.jpg
↑バックパッカーの聖地、カオサンロード
画像 222.jpg
↑あれ、バンコクの高架鉄道マークのとなりに東急のマークがっ!!
これで自由が丘まで行けるのかな?と思ったら、東急デパートがビルの中に入ってました
画像 225.jpg
↑道端の露店で発見!冷たい水でも汚れを芯から分解するそうです

8月29日
この日は世界遺産の町、アユタヤへエクスカーション。
電車でガタゴト、約1時間の旅です。でも電車が1時間以上遅れました(笑
とりあえずアユタヤすごいの一言ですexclamation期待値がそれほど高くなかったこともあって、すごい感動しました。
画像 229.jpg
↑いきなり遺跡どーん!
画像 231.jpg
↑ちょっと有名なやつ
画像 232.jpg
↑遺跡の中に入り込めます
画像 238.jpg
↑仏像もどーん!
画像 243.jpg
↑想像以上の迫力

8月30日
カンボジア、アンコールワットの町シェムリアップまで1日かけて移動しましたバス朝9時か10時頃バンコクを出発して、昼1時頃に国境到着晴れ徒歩で越境しました足
タイの検問とカンボジアの検問の間には謎のグレーゾーン100mくらいがあって、そこになぜかホテルとかがいくつかありました。
そしてカンボジア突入exclamation×2でも道が舗装されていないと思いきや、完璧にキレイになってました。なんでもここ最近急速に道は改善してるとか。昔は朝バンコク出たら夜中1時に着くとかあったらしいですが、今では絶対そんなこと起こりえません。自分も結局夜7時とかに着いた気がします。
画像 249.jpg
↑国境にて、タイ側からカンボジア側を撮影
画像 250.jpg
↑カンボジア、バスの車窓から

8月31日
待ちに待ったアンコール巡りexclamation×2exclamation×2
アンコールワット、地図で見るよりずっとデカかったです。
でもまだ遺跡修復中の部分が多くて、2010年にだいたい終わるそうです(ちなみに、アンコール遺跡群は崩壊しかけていて、危機遺産リストにも過去入っていたのです)。
いくつか遺跡回りましたが、中でも印象に残ったのがアンコールトムのバイヨン遺跡。一見瓦礫の山に見えるのですが、中に入るとそのインパクトに圧倒されます。
画像 257.jpg
↑アンコールワット内部
画像 256.jpg
↑安全第一
画像 253.jpg
↑ザ・アンコールワット
画像 261.jpg
↑柱のレリーフが美
画像 262.jpg
↑なんかかわいいから撮ってみた
画像 263.jpg
↑よくパンフとかにあるアングル
画像 265.jpg
↑アンコールトムへの入り口。なんか千と千尋の物語の入り口を彷彿させます
画像 268.jpg
↑アンコールトムの中にあるバイヨン遺跡
画像 270.jpg
↑の中
画像 271.jpg
↑ハロー
画像 281.jpg
↑山から眺めたアンコールワット

9月1日
ベンメリアという遺跡に出かけました。ここはまるでラピュタみたいなことで最近有名になった遺跡です。壊れすぎていて、観光客に公開されたのが数年前らしいです。
ちなみに、ここまでシェムリアップまでトゥクトゥクで通常1時間半くらい。でもmax4人乗りに5人乗ったので2時間かかりました。前日夜に出歩いてトゥクトゥクの兄ちゃんとがんばって交渉した結果、22$で連れて行ってくれました手(チョキ)普通に行ったら2人乗りトゥクトゥクで確か20$くらいだったかな?
遺跡はというと、ラピュタ最高でした。
帰りはスコールに襲われたり、黄アリに噛まれまくって襲われたりして大変でした。。
画像 282.jpg
↑安いガソリンは、道端でペットボトルなどに入れて売ってます
画像 289.jpg
↑ベンメリア
画像 291.jpg
↑バルス後
画像 287.jpg
↑途中で地元のチビーズに遭遇
画像 299.jpg
↑小カマキリにも遭遇
画像 301.jpg
↑天空の城から落ちないように壁沿いを移動
画像 013.jpg
↑ちなみにこれは、台湾にある千と千尋の舞台(2009春撮影)

9月2日
カンボジアラストの日。一人気ままに地雷博物館まで行きました。
自転車で行けると聞いたので、よし行こうと思ったのが間違いでした。
遠い。
舗装されていない道をおそらく40度近くであろう中、座高のあっていないレンタチャリで3時間走りました。。道もよく分からず勘で行っていたので、最後あと10分で到着しなかったら引き返そうと思っていた矢先、やっと到着しました。最初は景色もいいしよかったですがたらーっ(汗)
地雷博物館は、ボランティア的に地雷撤去の活動を行っているアキ・ラー氏が開いたもので、日本語の解説もあり勉強になりました。ちなみに地雷はまだカンボジアにたくさん埋まっています。そしてちなみに、対戦車用の地雷を一晩かけて一人で撤去した時の報酬は60円くらいだそうです。
夜は、宿泊先のタケオGHにいた日本人の人たちとゲテモノ食べ歩きに行きました。
まずは、孵化しかけのあひるの卵。生えかけた羽毛の舌触りがあったり、できかけの骨の感触があったりします。でもとりあえず味は茹で卵と鶏肉を一緒に食べてる感じで美味?でした。
お次はインセクト。とりあえずカードゲームで負けた人が食べることになり、結局コオロギとタガメらしき物体を合わせて4匹食べましたバッド(下向き矢印)香ばしくて最初おいしいですが、後味がゴミ箱の感じで。。
画像 308.jpg
↑こんな表示を見たら、皆さんも立ち入らないように
画像 307.jpg
↑道中で見つけたアンコールワットの絵
画像 309.jpg
↑ひよこに会いました
画像 312.jpg
↑野生のおサルにも会いました
画像 316.jpg
↑孵化しかけのあひるの卵、胃に入る30秒前
画像 318.jpg
↑かわいい揚げたての虫たち
画像 323.jpg
↑こんな感じで売られてます

9月3日
早朝、シェムリアップ空港からマレーシアのクアラルンプールへ帰還です。
到着後宿をとって、まだ見ていない市内を散策です。
とはいえ、特に何もありませんでした。
強いていえば、数年前まで世界一高いビルだったやつかな。名前は忘れました。
↓これ
画像 328.jpg


こうして2週間渡った東南アジアの旅は終わったのです。
でも終わったのはアジアの旅だけで、旅はまだまだ終わっていませんパンチ
というわけで、ロンドン編へ続くダッシュ(走り出すさま)
posted by maz at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 in Canbodia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。