2010年06月08日

音楽の都&ドナウの宝石(音楽の都観光の巻)

春先はチューリヒではほぼ唯一祝日のあるときです。
今回はそのうちのAuffahrt(ドイツではHimmelfahrt)というキリストがお空へお帰りになる祝日(木曜日)と、シルバーウィーク的なBrückentag(架橋日??)が金曜日にあったので4連休をフルに活用して前回の長期旅行とは逆の"東欧"へ行ってきました電車

2010 May 12.
まず目的地は音楽の都、ウィーンるんるん
結構遠いのですが、安い飛行機がなかったので夜行2等座席で。。

この日は多くの人が連休前というだけあって、ほぼ同じ時間にエクストラで夜行電車が出ていましたexclamationスイス国鉄SBBは乗客を全員快適にお送りするというのがモットーであるということを聞いたことがありますが、さすがです。
乗車率120%とかを記録するJ○とは違って。

で、エキストラだったからなのか、2等乗車券で1等車に乗れてラッキーぴかぴか(新しい)
コンパートメントでしたが、170度くらいリクライニングできて思いのほか快適でした。

2010 May 13.
朝になり到着。でも、夜行列車やバスでは寝れないたちなので、ほぼ無睡状態バッド(下向き矢印)

ウィーンは2度目だったので、観光名所はサッと見ただけでしたが一応回りました。

画像 425.jpg
↑Stephansdom、要するに大聖堂、そして街の中心

画像 428.jpg
↑かつて東欧を治めていたハプスブルク家の王宮

画像 430.jpg
↑マリーアントワネットも住んでいたSchönbrunn宮殿

画像 434.jpg
↑その庭園

ご覧のように、だんだん天気が下り坂雨
よって、雨でも楽しめるオペラ鑑賞をしました。

画像 437.jpg
↑世界に誇る、ウィーン国立歌劇場(通称オペラ座)

本日の演目は、"La traviata"、日本語で言えば椿姫です。

ちゃんと話を予習していき、激安の立ち見席(今回は4.00EUR)でも英語orドイツ語の字幕が個別についているので内容はよく理解でき、とても泣けるストーリーでした。感動の嵐です。
皆さんも三大オペラのうちの1つとも言われるこの作品、是非一度見てみてくださいexclamation

画像 438.jpg
↑俳優さんたち

そして、引き続き学友協会というこれまた世界的に有名な音楽ホールでクラッシック鑑賞をということで、ハシゴですダッシュ(走り出すさま)

前回は時間がなくて見たかったけど見れなかった大ホール"黄金の間"も入ることができ、ホールのきらびやかさにまた感動しましたぴかぴか(新しい)

画像 439.jpg
↑立ち見席より

画像 443.jpg
↑二階席より

演目は、ピアノソロコンサートでした。本当はオケが良かったですが、残念ながらそれは次回に持ち越しですー(長音記号2)

でも、演奏者は若いながら圧巻の演奏でした。まあ、ピアノについてはよくわかりませんが。。

その後、ウィーナーシュニッツェル(巨大とんかつ)を食べ、ウィーナービールを飲んで、オペラとコンサートの余韻にひたりつつ寝ましたzZZ
posted by maz at 06:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 in Österreich | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。