2010年09月02日

ロマンチック快道

2010 Aug.

ひさしぶりにドイツへ。まずはこれで4度目くらいのミュンヘンへ。

画像 019.jpg

今までミュンヘンに数度足を運んだことがあるとはいえ、その目的はほとんどがビールフェスト。
ということで、今までに見残したダッハウ強制収容所とBMW Weltへ行ってきました。

画像 012.jpg

"ARBEIT MACHT FREI"
働けば、解放される。

そんな保証はどこにもないにもかかわらず、入り口の門に書かれている言葉です。
ダッハウ強制収容所の歴史は長く、ナチスが収容かつ虐殺のために作ったものとしてはドイツの中で一番古いものだそうです。

かつての建物はほとんど残っていませんが、一部を博物館として開放し、当時の悲惨さを知ることができます。ドイツ人にとってはもちろん、外国人である自分にもとても勉強になりました。
実際収容されていた場所に当時の寝室の再現や、

画像 013.jpg

大量ガス虐殺を行った後に、効率よく死骸を燃やす炉の展示などがありました。

画像 014.jpg


お次は趣向を変えて、ドイツが誇るBMW(BMW Welt)へ。

画像 015.jpg

車の展示はもちろん、BMW最新技術を体験できるコーナーやPS3のレーシングゲームなど出来ることは盛りだくさんexclamation
建物内に(!)試乗体験のできるスペースもありました(おそらく要予約)。

画像 017.jpg

BMW、かっこいいです。ほしいです。

この一帯は、BMW Welt(こちらはどちらかというと展示場)、BMW博物館、BMW本社が集まっていて、まさにBMW City。本社はエンジンの形を模しているんだそうです。

画像 018.jpg


そしてミュンヘンのほかに、ロマンチック街道のハイライト、ローテンブルクに行ってきました。
ただ、、、カメラを忘れるという大失態。。。
なので、申し訳ないことに写真なしです。

ローテンブルクはヨーロッパ度MAXexclamation×2
観光客もいるものの、適度な込み具合で、町は明るく、とてもよいところでした。
でも実は第二次世界大戦時に大半が破壊されてしまったため、建物のほとんどは比較的新しいようです。とても忠実に過去の町が再現されています。

ドイツに行く際は、激お勧めの1つです。
しかしながら、ミュンヘンからの道のりは鈍行で3時間以上と快適なものではありませんでした。。(バイエルンチケットで行ったため。)速い電車を使えばもう少し早かったかもしれませんが、少々周りの町から行きづらいのが難点です。

そのあと割と近くの街、ニュルンベルクへ。
こちらは割と大きな街で、近代的な建物もちらほら。
お城を見て、ニュルンベルガーソーセージを食して(激うま!)ミュンヘンへ帰ったのでした。
posted by maz at 03:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ビール祭り、春の編

2010 May 1.

シュテュットガルトで行われるビール祭り、通称Frühlingsfest(要するに春祭り?)に行ってまいりました。

この祭り、言ってみれば世界的に有名なミュンヘンで秋に行われるオクトーバーフェストのシュテュットガルト版の、これまた春のバージョンですね。

画像 389.jpg
↑祭りにあったいかにもドイツらしい屋台

画像 390.jpg
↑秋と変わらず超満員

春の方が秋より規模が若干小さいようですが、それでもでかいテントがいくつかありました。そして夜に行ったらテントに入るのに1時間近く待ちましたあせあせ(飛び散る汗)

こんな祭り、年に2度やるなんて、もしかするとミュンヘン以上のビール好きな人のための町かもしれません?!

もちろん出てくるビールは1Lジョッキに入ったビールビール

テント内のステージではスーパーマンが歌ったり

画像 392.jpg

謎のドイツ美女コンテストが催されたり

画像 399.jpg

画像 402.jpg

その際にポールダンスが披露されたり

画像 400.jpg

2010 May 2.

昼から再びのビール祭りへ。

が、凄い人のいなさexclamation

画像 407.jpg

ビール祭りらしさを味わうなら、入るのに1時間かかろうが夜がおススメです。

そして、シュテュットガルトで他にも有名なものと言えば、ここに本拠を置くダイムラー、ポルシェ、ボッシュなど自動車関係の一流企業たち。
ダイムラーの一ブランドとなっている"メルセデスベンツ"の博物館へ行ってきました。

画像 405.jpg

ただの車の博物館と侮るなかれ!
展示量は半端ないし(おそらく上の写真の建物全ての部分が展示スペース)、車の歴史など学ぶことも多いです。

車好き&ビール好きは春か秋に是非シュテュットガルトへダッシュ(走り出すさま)

posted by maz at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

ドイツ的おせちの会

2010 Jan. 9.

昔お世話になったハンブルクのホームステイ家族に、新年夕食の会に招待されたので行ってきました。
特にドイツの伝統行事ではないですが、この一家では重要行事としてやっていました。最近はコンセプトを決めているらしく、今年は"シチリア"。

手作りコース料理で、以下のようなものでした。

Antipasti ai Fungi きのこの前菜
Bohnensuppe Sizilianische Art シチリア風豆のスープ
Sardellen Beccaficu イワシのオーブン焼き
Reginette mit Ricotta-Käse リコッタチーズのレジネッテ
Schwertfischfilet Alla Ghiotta メカジキの煮込み
gefüllte Auberginraulade シチリア風茄子のロール
Filet vom Kaninchen in Rotwein, Grüne Bohnen mit Pinienkernen, Kartoffeltörtchen ウサギの赤ワイン煮込み、サヤインゲン松の実和えとジャガイモのタルト添え

新年を迎えて、特別なものを食べようと思うことはほかの国でもあるものなんですね。
ちなみに、写真を撮るのは完全に忘れてましたバッド(下向き矢印)
posted by maz at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

壁崩壊

2009.Nov.9

ハンブルクのあとは弾丸ベルリンの旅に行きました。なんと滞在日数0日。
なぜ強行したかというと、この日にベルリンの壁20周年の大イベントがあったのです。
「10年とか25年の方がすごいんじゃないの?」と思ったあなた、この日のイベントは崩壊後初の公式周年イベントだったらしいのです。
月曜でしたが、有給休暇を活用してハッピーマンデーで行ってきましたぴかぴか(新しい)

メインイベントは夕方なので、それまでは一般観光客と化しました。
画像 244.jpg
↑大聖堂と、右手に赤の市庁舎、後ろにはうっすらテレビ塔

画像 245.jpg
↑Alexander Platzの世界時計

今回は東ベルリンと東西境を主に散策しました。上の二つも東側。やはり今になっても東西で雰囲気は違うのがわかります。

画像 240.jpg
↑東側の大通

画像 243.jpg
↑ふと立ち寄った東側にあるアトリエ、昔はデパートだったらしい?

そして、「壁」にちなんだ場所ももちろん観光。
まずはソ連―アメリカ間の壁検問所のあった"Check Point Charlie"。壁の惨劇を伝える象徴でもあり、当時はある意味自由への窓口の象徴でもあったようです。
画像 235.jpg
↑東側から

画像 236.jpg
↑西側から

そして、壁をそのままの場所に残す"Eastside Gallery"。昔の壁に画家の方々が絵を描いた屋外アトリエになっています。ごく最近壁のリニューアルが行われてかなりきれいでした。

画像 246.jpg
↑人類の願い

画像 247.jpg
↑20年前のこの日はまさにこんな感じだったんでしょうか

画像 247.jpg
↑完全なる観光スポットです

画像 251.jpg
↑未だリニューアル中のところもあったりするアート

そして、最後にはかの有名な音楽ホール"Philharmonie"へ。すり鉢状になった客席が特徴的で、その音響のよさは世界屈指です。残念ながら演奏は聴けませんでしたが、ホールツアーをしましたるんるん

画像 252.jpg
↑とても40年以上前に作られ、一流ホールと思えないほど斬新で殺風景なエントランス

画像 254.jpg
↑ホール内部

画像 255.jpg
↑立派なパイプオルガンももちろんあります

画像 257.jpg
↑小ホールも同じデザイン


そしてメインディッシュ、壁崩壊20周年のイベント"Festival of Freedom"へパンチ
画像 259.jpg

現地スイス人も知らないほど巷ではこの祭りについて宣伝されていなかったのですが、人だらけ。おそらくベルリンっ子たち総出です。
画像 260.jpg
↑メイン会場はブランデンブルク門の下(東側より)

巨大ドミノが壁のあった場所に設置され、壁崩壊の時刻にそれを倒すというイベントもありました。

画像 266.jpg

画像 265.jpg
↑西側より

門の真下はVIPのために立入禁止で、ドミノの両側東西に群衆が分断されていたので、なんだか本当に東西分断されて壁崩壊を待ちわびているようでなんともアイロニカル(?)な感じでした。

もちろんバンドなんかもあったりして

画像 267.jpg

とても印象的なひとときでした。
そして夜にはチューリヒへ飛び立ったのでした飛行機
posted by maz at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

Hafen City

2009.Nov.7.&8.
Hamburgへ行ってきました。
過去に長期滞在をしていたので、ここは言ってみれば自分にとって第二の故郷。来ると落ち着きます。

画像 220.jpg
↑Hamburgの港

ヨーロッパ最大の港町で、現在急ピッチで再開発が進んでいます。
再開発地区は、その名も"Hafen City"。直訳「港町」です(笑

急ピッチとは言っても5年前もすでに工事が始まっていて、まだ半分出来上がった?といったところです。

画像 225.jpg
↑Hafen Cityできかけ

でもきれいで個性的なマンションが既に海沿いにズラリと並んでいて、別荘に一個買いたくなりました。
そして、ここにはベルリンのホール、Philharmonieを参考に音響を計算しつくした最新鋭の音楽ホールができるそうです。その名も"Elbphilharmonie"。なぜならElbe河に面しているから。

elbphilharmonie.jpg
↑外装完成予想図

上のもくもくの一部がホールで、他にマンションやホテルが入るそうです。ホール巨大複合施設ですね。必ず完成したら聞きに行かないと。

画像 228.jpg
↑内部完成予想図

画像 229.jpg
↑ほら計算してる

ハンブルクといえば巨大な駅舎で有名(ってことに勝手にしてます)。
なのでその写真で締めたいと思います。

画像 232.jpg
↑ぼーん

画像 233.jpg
↑結構見晴らしがいいです
posted by maz at 09:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

ビアフェス2

タイトルからご察しの通り、ビールフェストにまた行きましたゴルフ
今度はドイツで、いや世界で2番目に大きいStuttgartのフォルクスフェストに行きましたビール

2009.Oct.09
留学先の研究室が終わった後、夜にチューリヒを出発してまたもや乗合タクシーでStuttgartまで行きました。そのお値段12Eur。安い。
同じく留学中の友人たちにドイツでは有名なギリシア料理店に連れて行ってもらいましたレストラン初ギリシア料理。なかなかのもんでした。今度本場も食べに行かないと。
画像 009.jpg
↑意外とワイルド

2009.Oct.10
Stuttgart観光かと思いきや、チュービンゲンという町へ行きました。Stuttから1時間かかるくらい?だったかな。久しぶりに純ドイツな町を見ました。
画像 010.jpg
↑チュービンゲンと言えばな写真

画像 023.jpg
↑ヨーロッパ版竹下通り、みたいな感じ

画像 026.jpg
↑Horn meets Europe

画像 027.jpg
↑土曜だったので、たまたまマーケットやってました

そして、観光から帰ってきたら、いよいよメインディッシュのフォルクスフェストexclamation
特に日本人にはオクトーバーフェストに比べても馴染みがないですが、会場規模はほとんど同じくらい広く、人も盛りだくさんです。
オクトーバーフェストとの違いを挙げると、

一、乗り物が充実している
画像 032.jpg
一、学生が多いので、盛り上がり方が半端ない
画像 045.jpg
一、オクトーバーフェストよりは人が少ないので、平日に行けば確実にテント内に入れる

といったところでしょうか。なので、お祭り&ビール好きな人にはゼッタイStuttの方をおススメしますぴかぴか(新しい)

画像 048.jpg
↑みんなイスや机に立って騒ぎまくりますexclamation

画像 051.jpg
↑ビールを飲みすぎたらこちらへ

画像 052.jpg
↑ステージがあり、まるでバーのよう

とりあえず老後に行くべき場所ではないことは確かです。

2009.Oct.10
この日もStutt観光かと思いきや、お城に行きました。
その名もホーエンツォレン城。
天気があいにくだったのが残念ですバッド(下向き矢印)
画像 086.jpg
↑山の上のお城

画像 088.jpg
↑ヘアピンカーブ

画像 091.jpg
↑お城のテラスより

画像 092.jpg
↑ザ、お城

画像 096.jpg
↑ザ、お城2

画像 097.jpg
↑がんばって、あともうちょっとで乗れるよ!

また春にフォルクスフェストがあるらしいので、また行こうかなるんるん
posted by maz at 08:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

ビアフェス!(後編)

画像 029.jpg

オクトーバーフェスト2日目です手(グー)
地下鉄駅もビアフェス広告で埋まってまするんるん

とりあえずこの日は昨日の教訓を生かし(2009.9.29のにっき参照)、一度テントに入ったら心ゆくまで外に出ないと心に決め、電車に乗り込みました。

再びオクトーバーフェスト会場へ潜入exclamation
その道中鳥さん御一行に会いました。
画像 052.jpg
後でおいしく頂きました。

入ったテントのテーマは「天国」。空が、いやテントが高いですね。
画像 053.jpg

画像 057.jpg
↑ヘイ!

画像 060.jpg
↑一部が盛り上がると、テント全体に伝播します

画像 059.jpg
↑そんな中、予約席スペースはレストランのように落ち着いています

画像 063.jpg
↑食べ物以外の売り子も

画像 061.jpg
↑ちゃんとテント内にATMあります

とりあえず2L完飲。ほかの友人も合流して他のテントに行くことになりました。
すでに昼過ぎ、どこも入れないと思いきや全てのテントが正面口を大きく開けていました!ほんと、皆さんも行くなら土曜より絶対日曜がおススメですexclamationたぶん今日も来る予定だった昨日の人々はつぶれたからでしょうか。
画像 068.jpg
↑水色×白のバイエルンカラー

でも席は空いていなかったので、次のテントへ。
画像 070.jpg
↑結構有名なホーフブロイハウスです!

席をGetし、また飲みましたビール
いや〜、朝から昼過ぎまでビールを飲むなんて、幸せですな。
結局計3L。このあと撮ったらしき写真がカメラにありましたが、どこだかよく覚えてません(笑
画像 071.jpg

歩いていると銅像があったりして。
画像 067.jpg
↑なんか映画のオープニングを思い起こさせませんか?

画像 079.jpg
↑そのあといろいろ案内してくれたやさしい民族衣装のドイツ人

おやつ時ごろに会場を後にし、ミュンヘン観光を少しばかりしました。
画像 082.jpg
↑旧市街入口

画像 079.jpg
↑ドイツ人は、工事中でも景観を大事にします

画像 084.jpg
↑あそこの窓から紙吹雪を撒きたい

画像 087.jpg
↑何度見てもミュンヘン市庁舎はきれいですぴかぴか(新しい)


こうして、2泊3日弾丸オクトーバーフェストツアーは幕を閉じたのでした。
posted by maz at 05:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

ビアフェス!(前編)

この週末、シルバーウィークに負けじとドイツのミュンヘンに旅行しましたexclamation何でミュンヘンかって?そりゃあもうオクトーバーフェストですよ。世界最大のビール祭りですビールビールビール

チューリヒに滞在してから初の旅行です。しかも海外旅行。研究室の方々からは、「ミュンヘンなんか行く前にちゃんとスイス行かなきゃ〜」なんて言われました。ごもっともです。今度ちゃんと行きます。


ちなみに今回は写真多いですカメラ覚悟してくださいパンチ


まず金昼過ぎに研究室を早退し(笑)、予約制ヒッチハイクでミュンヘンへ車(セダン)前もって、ネットで行きたいルートを車で行く人を見つけてメールし、一緒に乗せてもらうという素晴らしいシステムがヨーロッパにはあります。mitfahrenと言います。英直訳でgoing together。
通常チューリヒ‐ミュンヘン間電車で70ユーロ以上のところ、20ユーロで行けました手(チョキ)

さらに、車に乗ると国境越えを身をもって体験できるというおまけ付き。とりあえず一度オーストリアへ入国。
画像 001.jpg
↑スイス−オーストリア間国境

スイスはEUではないため、以前はEU諸国へ行く時必ずパスポートチェックがあったようですが、今はスイス−EU間で条約を結び、数年前から検問がなくなったようです。国境検問所も歩道橋と化しています。
便利にはなったものの、旅行の証、ハンコが増えないのは残念ですバッド(下向き矢印)

次のオーストリア−ドイツ間の国境はさらにあっけなく、通過が早すぎて写真撮れませんでした。でもドイツ入国の瞬間、アウトバーンこと高速道路が時速∞になるので、自分たちの車もいきなりマジモードモータースポーツ170km/hを叩き出しました。でもその車を颯爽と左側から抜いて行く車もいます。


そしてミュンヘン到着。ここで事件発生どんっ(衝撃)
駅で降ろしてもらうと急にトイレに行きたくなったので、とりあえずすぐそこにいたパン屋のお姉さんに「トイレどこ?」と聞くと、「ないよ」と言われ、この駅がどこかも分からないまま、中央駅なら必ずあるだろうと思い、切符を買って中央駅行きの電車に飛び乗りましたあせあせ(飛び散る汗)ガマンしつつ揺られること数分、やっとの思いで到着しきれいなトイレセンターを発見。でも案の定ドイツは有料でした有料
画像 007.jpg
トイレの入場料 60セント
トイレをした時の快感 priceless

そして宿に行きました。
宿はフェストの直前にかかわらずなんとか取れました。中央駅から30分ほど行ったところで、”Theドイツの田舎”的場所でした。
画像 004.jpg
↑最寄駅から宿を撮影した様子
画像 003.jpg
↑宿近くの教会


翌日、いざオクトーバーフェストへ出陣手(グー)
地下鉄最寄駅を降りると、エスカレーターは日本でも見たことのないくらいの混雑ぶりexclamation
画像 009.jpg
↑人がゴミのようだ

そして・・・
画像 010.jpg

来ました、オクトーバーフェストexclamation×2exclamation×2
テンション上がりまくりですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

いろいろ知ってたり知らなかったりの仮設テントが、普段はただの空き地の場所に所狭しと並んでいます。
画像 012.jpg
画像 015.jpg

さすがに朝8:30ごろに来たので、テントには入れましたが席を見つけるのは一苦労あせあせ(飛び散る汗)
画像 016.jpg
9時過ぎにやっとありつけました☆
画像 019.jpg
ちなみにテント内ビールは全て1Lです。
ちょっと盛り上がったりして。
画像 024.jpg

そのあと友人を待ちに一度テントを出たのが過ちの始まりでした。
その後戻ってきたら人がマジでヤバい。入場制限で2時間待っても中に入れませんでした。。。
画像 035.jpg
しょうがないので裏口を探してやっと入ったものの、テントの入り口が似ていたため、間違った方に入ったという。。内装の色で気づきました。
画像 031.jpg

一回出て本物に並んだものの、また2時間待っても入れず、裏口も見つからず、おまけに携帯のプリペイドも切れて中に残ってた友人とも連絡が取れず、テンションだだ下がりですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
そんなこと言ってもしょうがないので、並んでる時にいたすごいおばちゃんたちを写真に撮ってたりしました。
画像 033.jpg
※1つ1kg以上です

画像 037.jpg
↑洗う量も注ぐ量も半端ない

そして露店を見ながら散歩したりして
画像 041.jpg
↑夢いっぱい、キティーちゃんもいっぱい

究極に暇だったのでビアフェスTを買ったりしました。
画像 090.jpg

でも、何度も言いますが、ほんと人すごいです。。。
画像 039.jpg
↑マジ人ゴミ
画像 042.jpg
↑救急車も無力

結局、テントの友人とは奇跡的に会えましたが、いろいろ教訓を得た1日でした。

画像 046.jpg
↑帰りの電車からのサンセット
posted by maz at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。