2010年09月02日

ロマンチック快道

2010 Aug.

ひさしぶりにドイツへ。まずはこれで4度目くらいのミュンヘンへ。

画像 019.jpg

今までミュンヘンに数度足を運んだことがあるとはいえ、その目的はほとんどがビールフェスト。
ということで、今までに見残したダッハウ強制収容所とBMW Weltへ行ってきました。

画像 012.jpg

"ARBEIT MACHT FREI"
働けば、解放される。

そんな保証はどこにもないにもかかわらず、入り口の門に書かれている言葉です。
ダッハウ強制収容所の歴史は長く、ナチスが収容かつ虐殺のために作ったものとしてはドイツの中で一番古いものだそうです。

かつての建物はほとんど残っていませんが、一部を博物館として開放し、当時の悲惨さを知ることができます。ドイツ人にとってはもちろん、外国人である自分にもとても勉強になりました。
実際収容されていた場所に当時の寝室の再現や、

画像 013.jpg

大量ガス虐殺を行った後に、効率よく死骸を燃やす炉の展示などがありました。

画像 014.jpg


お次は趣向を変えて、ドイツが誇るBMW(BMW Welt)へ。

画像 015.jpg

車の展示はもちろん、BMW最新技術を体験できるコーナーやPS3のレーシングゲームなど出来ることは盛りだくさんexclamation
建物内に(!)試乗体験のできるスペースもありました(おそらく要予約)。

画像 017.jpg

BMW、かっこいいです。ほしいです。

この一帯は、BMW Welt(こちらはどちらかというと展示場)、BMW博物館、BMW本社が集まっていて、まさにBMW City。本社はエンジンの形を模しているんだそうです。

画像 018.jpg


そしてミュンヘンのほかに、ロマンチック街道のハイライト、ローテンブルクに行ってきました。
ただ、、、カメラを忘れるという大失態。。。
なので、申し訳ないことに写真なしです。

ローテンブルクはヨーロッパ度MAXexclamation×2
観光客もいるものの、適度な込み具合で、町は明るく、とてもよいところでした。
でも実は第二次世界大戦時に大半が破壊されてしまったため、建物のほとんどは比較的新しいようです。とても忠実に過去の町が再現されています。

ドイツに行く際は、激お勧めの1つです。
しかしながら、ミュンヘンからの道のりは鈍行で3時間以上と快適なものではありませんでした。。(バイエルンチケットで行ったため。)速い電車を使えばもう少し早かったかもしれませんが、少々周りの町から行きづらいのが難点です。

そのあと割と近くの街、ニュルンベルクへ。
こちらは割と大きな街で、近代的な建物もちらほら。
お城を見て、ニュルンベルガーソーセージを食して(激うま!)ミュンヘンへ帰ったのでした。
posted by maz at 03:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新しいパソコン買うか悩むくらいの気軽さでBM買えるくらいになりたいもんだ。。。

ところでyouはいつ帰国だい???
Posted by P-tan at 2010年09月04日 23:53
meは今日帰国したのだよ!
Posted by maz at 2010年09月07日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。