2010年07月02日

リアル"世界の車窓から"&"世界ふしぎ発見"-ベルニナ線前編-

お昼ごろにSt. Moritzを出発し、ベルニナ線の始まりですexclamation

ベルニナ線は今年が線路開通100周年。
登山電車によくあるラックレールを使わずに走る電車としては、ヨーロッパで一番高所を走るそうです。その場所こそがベルニナ峠。

電車に乗ってから30分ほどで、Morteratsch(モルテラッチ)駅に到着。ここには、ベルニナ線のハイライトのうちの一つ、モルテラッチ氷河から一番近い駅です。昔は駅の目の前まで氷河が迫っていたらしいですが、現在は?ということが体感できるハイキングコースがありますくつそういえばミステリーハンターも歩いていました。

画像 014.jpg
↑駅から、氷河があると思しき方角の写真

駅を降り立っても、自然いっぱいすぎて氷河のかけらも感じられません。
とりあえず標識に従って歩き始めます足

画像 015.jpg

歩くこと5分ほど、最初の標識発見!
1878年にはここまで氷河があったようです。でもはるか遠くに雪山が見えるだけで、まだそんな気配はありません。。。

画像 016.jpg

そしてまた少し行くと、ちゃんとした標識になりました。
ここは1900年の氷河末端です。

標識は10年おきにだいたい立っていて、全部載せるのも膨大なので、いくつかを抜粋して現代の氷河まで時の旅行をしてみましょう。

画像 017.jpg
↑氷河末端1920年

画像 020.jpg
↑氷河末端1950年

画像 025.jpg
↑氷河末端2000年

画像 026.jpg
↑氷河末端2010年6月26日

ここまで駅から少し早足で歩くこと約40分。
1900年の末端から、100年で1870mも後退してしまったそうです。

おそらく、世界中で1番短時間で身をもって地球温暖化を体感できる場所ではないでしょうか??
また次回来るときはもしかするともう駅から歩いては行けなくなっているぐらい後退しているかもしれませんねバッド(下向き矢印)駅からバスが出るようになったりして(笑

地球温暖化の理由が人為的にせよ地球規模の気候変動にせよ、これ以上後退しないでほしいものです。

そして、ここまでたどり着いたご褒美として氷河の上に降り立てるのですexclamation×2

画像 027.jpg

画像 028.jpg

画像 032.jpg

末端近くの氷河は砂と混ざっていて、想像していたような白銀の世界ではありませんでした。それでも北極を思い起こさせるようなダイナミックさパンチ

氷河を少し上り、来た道を眺めると下のような感じです。氷河が削った様子が分かりますね。

画像 034.jpg
posted by maz at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 in Suiss | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。