2010年07月01日

リアル"世界の車窓から"&"世界ふしぎ発見"-アルブラ線編-

2010 June 26.

天気がいい週末はどこかへ行こう!企画第1弾、スイスの誇るアルプス越えをする世界遺産鉄道、ベルニナ急行に乗ってきました!

ベルニナ急行はChur⇔St. MoritzのAlbula線とSt. Moritz⇔TiranoのBernina線で構成されています。1年前ぐらいのふしぎ発見でも紹介されていて、絶対行きたいexclamationと思っていた場所でしたるんるん

ただ今回の旅、チューリヒを朝6時に出て夜10時に帰宅というハードスケジュールなので、よい子はマネしないように!ChurやSt. Moritzに宿泊することや、片道だけにしてそのあとイタリアに抜けることをお勧めします。

それでは、アルブラ線に乗ってChurを出発!

世界遺産の区間は、Churから少し行ったThusis駅からです。ただ世界遺産でなくても、Churからは自然と山に囲まれた癒し車窓が広がります。

画像 003.jpg
↑アルブラ線のとある景色

そして、数々の渓谷を趣のある橋で渡っていきます。

画像 005.jpg

そして、アルブラ線のハイライトは、そんな橋を渡って山の中に入っていくLandwasser橋。

画像 006.jpg

これではなかなか良さが伝わらないですか?ではこちらをどうぞ。

landwasser.jpg

こんな感じです。でも、この写真は空を飛ばないとおそらく撮れませんバッド(下向き矢印)

癒されつつ、約2時間かけてSt. Moritzに到着。

画像 007.jpg

St. Moritzは山と湖の広がるきれいな村。過去に冬季オリンピックが2度行われたそうです。スイスのそのほかの地域の天気とは対照的に、1年のうち平均322日晴天があり、爽やかな"シャンパン気候"として有名です。

もちろんこの日も晴れ。
爽快でした晴れ

村の中心は駅から徒歩10分ほどの高台にあります。

画像 009.jpg
↑村の中心、Schulhaus広場

この村はセレブの集まる場所としても有名で、5つ星ホテルやカルチエ、チャネル、ブヴルガリなど庶民には縁のないブランドショップが軒を連ねていました。

画像 010.jpg
↑お城のようなホテル

St. Moritz滞在時間は次の電車のまでの1時間弱のみで激短でしたが、最後に少しお散歩をし、その雰囲気を満喫しました。

画像 011.jpg

画像 012.jpg
posted by maz at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 in Suiss | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。