2010年06月17日

音楽の都&ドナウの宝石(人生最後のブダペスト編)

2010 May 16.
この日も雨雨
ドイツ語的に言うならScheiss、英語的に言うならshitです。

とりあえず、帰りの切符を買いにメトロに乗って中央駅へ。
ちなみに、ブダペストのメトロはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に古く、電化したものだと世界初だったそうです。

ところで買った切符は、Budapest⇔Viena往復というもの。なぜか片道よりも若干安いという、航空券のような謎な設定。


そして次へ向かうは温泉いい気分(温泉)
ブダペストは大都市にして多くの温泉があることで有名なのです。
ただ、行こうと思った温泉が土日プールとコンビのチケットしか売っていなくて高かったりして、3件目でようやく入りましたいい気分(温泉)
それでも高い入湯料でしたがバッド(下向き矢印)

肝心の温泉は。。。ちょっと神秘的な小ぢんまりとした温水プールでした。。
日本の温泉はコストパフォーマンスがどれだけ高いことかexclamation


そんな温泉の近辺からの眺めがこちら

画像 482.jpg
↑議事堂

画像 486.jpg
↑くさり橋


そしてチューリヒへのこれまた寝台の帰り道、車内でちょっと軽食していたのですが、電車が急停車どんっ(衝撃)
進行方向と逆向きに座っていたので、机の上に置いていたファーストフードやらビールやらが一気に自分の方へ向かって、まるでテーブルクロス引きを失敗したときのように、ドンガラガッシャーンexclamation×2


・・・


・・・・・・


Scheissパンチ

もうブダペストなんて来ませんむかっ(怒り)(笑




posted by maz at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 in Magyarorszag | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。